FC2ブログ

ベーグル

寒くなってきたので発酵に時間がかかりますが、久しぶりにベーグル。

101129bagel.jpg

味はいいんだけど、でもなぜか納得いかない・・・

きっと今は幼稚園手続きや出産場所を探すなど、気がかりが多くて

なんか忙しくて・・・心のテンションもあるんでしょうね。

もう少し試作を繰り返すことにします。


今日は色んなことの合間に ベルギーワッフルを作ってます。


初めて。

どんなんできるかな?

スポンサーサイト



産婦人科めぐり

産婦人科を巡ってます。

二人をオーストラリアで産んだのですが、あちらでは可能な限り自然に!と

一人目の際は42週まで待ち、いよいよ促進剤を使うことになりながら前夜に破水し、

自然分娩ができました。

二人目は予定日ジャストに自然分娩。

分娩台というのはなくて、ベット又は床にマットが敷いてあり

好きなスタイル、自分が楽なスタイルで産めたのです。

私は床にひざをついたスタイルで。


分娩台に上がり仰向けでいきむのに抵抗がある私は、できるだけ

自然にフリースタイルで産める産婦人科を探しているというわけです。


昨日は夫の実家近くにある産婦人科2軒に行き、助産師さんと話をさせて

もらいました。

・・・がなかなか難しい。「最終的には分娩台に上がってもらいます」と。

ホテル並みの設備や食事、サービスには関心がなく、

私の中での優先順位は「出産そのもの」にあります。

人生で最後になるだろう出産を後悔のないようにしたい。ただそれだけ。

色々と調べて動いてみると、日本の産婦人科事情も見えてきて

出産難民がでるのがわかります。


産婦人科が減り、大きな産婦人科に集中する。

健診や治療で朝から産婦人科はいっぱい。


そして予定日の予約がいっぱいになっていたら出産予約ができない。

そうなったらどうするんだろう、、、??と どこも予約していない私は

とても不安になりました。


「出産」が特別なことでなく(いや、ある意味とても特別ですけどね)

普通の生活の一部に、もっと生活の近くに存在できればいいのにと思うのでありました。

おなかは15週に

少しずつ膨らんできたおなか、気がつけば15週(4ヶ月)です。

歩いていけるような近所に産院がなくて、子供二人を自転車に乗せ

クリニックに通っています。

このクリニックでは取り上げてもらえないので、一時的にみてもらっているのです。

先月「帰省中に一度、実家の方でエコーだけ受けてきてください。」と言われていたのですが

実際むこうでもなかなか難しく、エコー受けずに1週間早めてこちらに帰ってきたのです。

次の予約は来週だけど、受けていないから待つのを覚悟で昨日行ったところ・・・



看護師さん:「向こうで受けてないんですか?(困りましたねという雰囲気で)
        予約の日ではないので、健診の準備ができてません。3D4Dのエコーは?」

私:    「普通のエコーで十分です」

看護師さん:「今日は1時間以上待っていただくか、、、来週予約の日になってしまいますが。」

私:    「待つのは構いませんけど。」

でもニュアンス的には「今日は混んでるから勘弁してくださいな」みたいな。。。

そういう雰囲気ってこちらは敏感に感じますよね。


こちらだって色々と事情があるわけで、、、それでも

「エコーを受けて赤ちゃんの様子を見ないと順調かわかりませんね。」と

びびらされているので、一応1週間早めて来たんです。。。

でも看護師さんの妙な対応に私もどうでもよくなって

「おなかの調子も悪くないし、それなら来週の予約の日で結構です」と言って帰ったのでした。

女医さんだし、自転車で通える唯一の所だからと単純にココに決めたけど

かなり後悔しました。


子供二人の世話をして朝から準備をして健診に向かうんです、はっきり言って

その日はそれがメインで大仕事。


初めての妊娠じゃないし、オーストラリアではエコーは13と19週の

2回しかなかったし、そんなに心配はしていないけれど、

半分追い返された状態で、あまりの融通の利かなさにガッカリ。

同じ女性なら少しは気持ちがわかってもらえてもいいのにと思いました。


できれば早く違うとこに移りたい。。。けど、初診料も高いので

産むところを考えて慎重に決めていきたいと思います。

四世代

実家の曽祖父が魚をさばく姿をじっとみつめる1号。

2010_1118yamaguchi0089.jpg

私も祖父が魚をさばくのを見るのが大好きで、

子供の頃よく見ていました。丁寧に解体していく作業がおもしろいんです。


近所の漁師さんが釣りたての生きた魚をくださって、

2号は刺身デビューをしました。


これが超美味しかったんでしょう。「さしみ!さしみ!!」と

言ってめちゃくちゃ食べました。

私も久々の新鮮な刺身に正直、感動しました。

うっ、うますぎる!!!


2010_1118yamaguchi0084.jpg


畑を耕し、玉ねぎも植えました。

頭から泥をかぶり、泥まみれになって楽しむ二人。

その姿を見て喜ぶばぁば。

色んな経験をした二人、どこまで記憶に残っているかな・・・

田舎生活満喫

とうふばぁばと一緒に朝から花に水やりをし、

2010_1118yamaguchi0074.jpg


2010_1118yamaguchi0076.jpg

とうふじいじと一緒に落ち葉をはいて体を動かし、

2010_1118yamaguchi0099.jpg

2010_1118yamaguchi0100.jpg

朝ごはんを美味しく外で頂きました。子供達はピクニック気分。

2010_1118yamaguchi0129.jpg

落ち葉はきも日に日に上手に。

チビの2号も一人前に全部真似してお手伝いします。

日常の都会の生活ではなかなか体験できない、非日常のお手伝い。

子供達にとっては新鮮で、よい社会経験になったと思います。

お店でも一応(?)お客様に興味をもち、恥ずかしがりながらも

「バイバイ」をしていた子供達。


大人が働いている姿を間近で見られるのは本当に貴重だと思いました。

本来ならば父親が働いている姿を見せてあげたいんだけどね。

会社員はなかなかそうもいかない。

じいじ、ばぁばが一生懸命働いている姿を目に焼き付けて欲しいと思いました。


家に帰っても時々豆吉ごっこ。

「豆吉セットですね。豆乳プリンもいりますか?」(笑)

お店でやって欲しかった~。

101124campa.jpg

本日仕込んだりんごジュース入り「カンパーニュ」

もっとクープをパックリさせたい・・・。

久しぶりにパン

本日、祝日 雨模様。

朝からパンを焼きました。

牛乳入りのふんわりレーズンパン。

101123raisnbread.jpg

かなり久しぶり。

手で捏ねて、パンの生地の懐かしい感触を楽しみ

焼きたてほかほかパンに冷えたバター薄切りをのせて

ん~~♪うまっ!

12月からベーグル復活の為にもちょっと練習しなきゃ。


今日は外で遊ばせられないので、子供とクッキーでも作ろうかな。


長女1号は、クッキンアイドル まいんちゃんが好きで

彼女の真似をしてお料理をしたがるんですよ~~。

確かに超美形のかわいい彼女、素直に子供がはまるのも分かるかも。

お祝いに始まり、、、友人に会った日々。

帰省の最初は、めでたい披露宴に始まりました。

スノーボード時代の親友(彼女はスキーでしたが)で

彼女との付き合いはかれこれ15年になるかな。

彼女の晴れの白無垢姿、最初に目にしただけで涙が浮かび、入場の際にまた涙。

いったい何回泣くんだろうか。(笑)

2010_1118yamaguchi0032.jpg


友人は国際結婚でアメリカで式を挙げ、日本でも披露宴を。

夫不在だったので、子供達をどうしようと悩んだけれど、

思い切って子供を妹宅に預けて出席して本当によかった。

彼女の幸せな笑顔とパートナーと一緒の姿を見れただけで嬉しかった。

末永くお幸せに♪



その後スノーボードスクール時代の友人に会い、唯一の入院友達に会い、

(入院友達というのも妙ですが・・・笑)大学の友人にも会いました。


それぞれがそれぞれの人生を歩み、お互い色々あるけれど

でもみんなに会えてよかった。笑顔と「私もがんばろう」と元気をもらいました。

みんな、貴重な時間をありがとう。

また会おうね。

豆吉マクロビセット

11月1日よりスタートした

みかれんこんプロデュース「豆吉マクロビセット:1260円」

両親と日々改良を重ねなかなか良いものになりました。

101101macrobiset1.jpg


小松菜豆乳ドリンク
六種のプレート  
  季節の野菜のなます(酢の物) 
  ゆばとオニオンスライスの柚子チリソース
  根菜のきんぴら
  季節の野菜の白和え
  しゃきしゃき水菜としめじのクルミソース和え
  コロコロ厚揚げ生姜あんかけソース

くみあげとうふ 特製梅肉ソースで召し上がれ
雑穀米
季節のスープ
 かぼちゃの豆乳ポタージュ
 オニオンスープ
 かぶの白味噌仕立てスープ 等、仕入れによって変わります。

豆乳わらびもち とその日のティー

豆吉セットは基本的にカツオやいりこの魚出汁ですが、

豆吉マクロビセットはマクロビオティックを意識しているので

出汁は「昆布」「干ししいたけ」を使っています。

やさしい出汁の味、素材の味を楽しんでいただけると思います。

食後のデザートにお茶がつくのも女性に喜んでいただけるかな。

ぜひ一度お試しくださいね♪




帰ってまいりました。

1ヶ月の帰省を終え、昨日かえって来ました。

ドアtoドアで7時間半、、、妊娠初期で二人を連れての移動は結構大変でした。

携帯からブログをアップしようと思っていたけれど、日ごろ携帯でインターネットを

しない私、、、なかなかできなくて、結局こちらに戻ってパソコンから

過去1ヶ月を振り返りつつ、アップすることになりました。

どうぞお付き合いください。

101027sky.jpg

最初実家に着いた頃、久しぶりに見る海と空、緑に感動し

自然と涙がこみ上げてきたのです。こんなのはじめて。

都会の人はこんな風に感じるのか・・・と

東京暮らしに慣れてしまった自分に気付かされ、驚きもしました。


静かで真っ黒な空に浮かぶ星空。

「この星空を脳裏に焼き付けておきたい」と両手を広げて深呼吸。

今晩も豆吉から見えるあの星空を思い出したいと思います。
このページのトップへ