FC2ブログ

食べてばかりの正月キャンプ!

キャンプ好きな家族ですが、さすがに冬キャンプは親が寒くて耐えられない。

でも仕方ない、子どもたちのリクエストだ・・・と、あたたかいと思われる房総へ行ってきました。

テントをはらずに、キャビンを借りてらくちんキャンプ。

_87A8402_2.jpg

緑や空に癒される自分に、そんなに疲れてるの??と。

非日常はやっぱりいいわ~。





今回はランタンを忘れるという大失態を犯したので、夜は手元が真っ暗でした。
次は気をつけます、はい。




ではでは キャンプ食ダイジェストいってみよー!



まずは年末に食べ切れなかった殻付き牡蠣を焼き、

_87A8229_2.jpg

無料で借りられるピザ釜で

前日から捏ねて寝かせていた生地のピザ(きのことガーリックとモッツアレラ)

_87A8224_1.jpg


数日マリネしていた豚バラとゆで卵を燻製にし、

_87A8274_1.jpg



カップヌードルのCMをばりの食べ方でカップ麺を食べ、
_87A8529_2.jpg
(実は我が家のキャンプでカップ麺が登場するのは初!子どもたちが大興奮でした)



最終日は子供たちが作るシーフードシチュー&ライスに

_87A8632_1.jpg


大人はサザエの炭火焼き、

_87A8691_1.jpg

手元が暗すぎて火が通ってるのかわかんない。


あー、今回も食べてばかりでした。w

思い出しただけでおなかがいっぱいだわ。

キャンプは非日常の野外で、遊ぶこと食べることに集中するから楽しいのです♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あんふぁんWeb 知っておきたいママニュースにて

「パパなしでもできる!母と子のらくちんキャンプを楽しむ5つの方法」 

http://enfant.living.jp/mama/mamnews/312461/

こちらもあわせてどうぞ。


スポンサーサイト



子連れキャンピングカー旅行 日本編②

車からキャンピングカーへ荷物も積み込み、

いざ出発!!


(車は預かってもらいました。)



平日の夕方ですが、やはり混んでますね・・・。

_87A1372_1.jpg


ナビがあるから地図をよむ必要がないので


運転は運転手に任せて、


私は夜の写真を撮って遊んでたり。笑)

ぼけぼけ~~にしてみた。

_87A1373_1.jpg


おなかを空かせた子供たち、もう限界ということで


途中のPAにキャンピングカーをとめて


そこで寝ることにしました。




キャンピングカーを使っての滞在なので、


今回は装備を減らそうと、


ダッチオーブンは無し、コンロもカセットコンロのみを持参しました。

(こういうメニューを練ってる時も楽しい!!のだ!)


準備に時間をかけずに、すぐに車で食べられるものが


初日のメニュー。



今夜はチーズフォンデュ



_87A1394_1.jpg


グリュエールチーズとエメンタールチーズ

これを白ワインでわってー、、、とワインをあけたら


なんと赤ワイン!!

ガーーン。


白と赤を間違えるなんて!笑)うっそーーーー。

ありえない間違いをしてしまった、自分・・・

思い込みって、ホントこわい。


このあたりから、今回の旅のハプニングが始まるのです・・・(苦笑)

いやー、本当に今回は色々とありました。。。

前日ギリギリまで仕事をしていたので

準備が完全にはできておらず、、、

気持ちもキャンプに向かっていなくて、、、




チーズホンデュに戻って、


さすがに赤ワインを混ぜるわけにはいかない・・・


混ぜるものが無く・・・えらく濃いチーズになってしまいましたが、、、


子供たちは大好きなチーズに満足そう。





みなさんはチーズフォンデュに何を合わせます??

ソーセージや海老は鉄板ですよね。


好評だったのはやはりホタテ、そしてアスパラとトマト。

はんぺんも美味しいとのこと。(魚のエキス入ってるからかな?)


自宅で焼いてもってきたバケットも美味しかった。

(ほぼ定番の具材・・・)


今回はチーズの伸びがわるくて、あっという間にチーズがなくなりました・・・


よって残った魚介をオリーブオイルで軽く炒め、オトナのおつまみに。

_87A1397_2.jpg





「ジャーサラダ」も持参

_87A1380_2.jpg

メイソンジャーではありませんけどね。。。笑)


サラダをイメージして詰めるのも楽しいし、


見た目も華やかで楽しい。



車内には流しもついていますが


ちいさくて狭いし、水の量も限られるので、


今回は軽く拭いて翌日にキャンプ場で洗うことにしました。



_87A1572_1.jpg

娘1号に抱きついて眠っている3号。かわいい~~。


そんなこんなの初日でございました。。。





子連れキャンピングカー旅行  日本編①

親子でお出かけプランナー&フォトグラファーのMikaです。

(どっちがメインだ?!)


春休み、親子の一大イベント!

「キャンピングカーで出かけよう!」


_87A1366_1.jpg

1ヶ月以上前から下調べをして準備をし、

ようやくこの日がやってきました!!Yeah !



キャンピングカーも色々な車種がありまして、


我が家の最優先事項として「チャイルドシート」を装着できる!

ことだったので、


装着できる車種を探し、


空き状況や価格を比較して こちにたどりつきました。


フジカーズ ジャパンhttp://www.campnofuji.jp/rental/carlist_arden.html



調べている時期は余裕で空きがあったのに、

1週間後、春休みが近づくにつれ空きが減ってきて

焦って予約。


今回のキャンプは、テントではなくいつもと違うキャンピングカー。


車内で家族時間を楽しもう!!という趣旨もあったので、


1日目は夕方からレンタルし、


PAや道の駅で一泊する予定をたてました。



 夕方から借りるとその日のレンタル料が半額になったり、

土日にレンタルすると金曜日のレンタルが無料になったりと

お得になるのです!

こちらのレンタカー屋さんはお店の定休日をまたぐと、その日が半額にもなります!!

プランを練って、考えて借りると超お得!!




ちなみにこの大きさでも普通免許で運転できます!


でもって、オートマでした。(ミッションを運転したかったなーーー)


_87A1368_1.jpg

運転席後ろに、テーブルを挟んで向かいあった座席


テーブルを外して前向きにもできます。


_87A1367_1.jpg

後ろには一人用の2段ベット


左に見える扉は本来はトイレなのですが

トイレは付いておらず荷物置き場になっていました。


ま、日本だとコンビにも道の駅もあるし

トイレには困りませんもんね。


☆その他車内装備については、webでチェックしてみてください。

http://www.campnofuji.jp/rental/



子連れキャンピングカー旅行 タスマニア編 その3 :普通免許で運転できるのだ!


夢のキャンピングカー、実は


普通免許で運転できるのです


080502mika2.jpg

私も運転しましたよー


久しぶりのミッションがまた楽しかった!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここから

【キャンピングカー プチ情報コーナー】

私が知っている範囲での情報ですが・・・

080430yuri1.jpg

【ベビーシート】

車種をきちんと選べば、ベビーシートを装着できます。


小さいお子さんを乗せる場合、


そこは必ずチェックしましょう!


【シャワー・トイレ事情】

シャワーは一度使ってみましたが


子供と一緒に浴びるにはあまりに狭いし、


寒すぎて温まれなかったのでやめました。



その後数日、シャワーなし生活をし


シャワー設備のあるキャンプ場でシャワーを浴びました。


日本だったら温泉があるのになー、と


この時は日本が恋しかったです。


トイレはいつでも使えるので助かりました。



【給水・排水】

キャンピングカーでの汚水(トイレやシャワー、洗い物など)は、


オートキャンプ場などの定められた場所(下水道)に


排水しなければいけません。


水のタンクも減った時に


キャンプ場などの水道から補充する形。


【電源】

車内の電源はオートキャンプ場の


電源つきサイトに泊まればOKです。


【キッチン】

ひと口コンロと小さな流し、


冷蔵庫と食器類カトラリーが付いていました。


簡単な料理なら全然いけました。



【洗濯】

さすがにキャンピングカーには洗濯機はついてませんー。


冬なので下着以外は2、3日同じでも平気。笑)

けどさすがに洗濯物もたまります。


やはりそんな時はコインランドリーですね。




子連れキャンピングカー旅行 タスマニア編 その2

ホバートを発ち、島の中央部や東部に位置する


国立公園を目指します。


まずはセントクレア湖にて 

リバークルーズ

クルーズはクルーズですけど、


小さいボートで対岸に行き、そこから少し歩くというだけです。


080429lakecruise8.jpg





湖の周りには簡単なトレッキングコースもあり、


子供を背負って歩きました。


080429walking1.jpg


背負って歩けるくらいのサイズなら、トレッキングも楽しめる!


背負うには大きすぎるし、だからといって歩くにも


長い時間歩けない時期の子供をつれての旅が


実は一番つらいですよね。。。


子供が生まれたら旅のカタチも変わるものです。

しかし冬のタスマニアは人が少ないな~~。



途中、野生のカモノハシが見えるというスポットに着き


静かに待つも、、、そんなに簡単に出てきてはくれませんでした。






今回の旅のメイン、


Mt.Cradle クレイドルマウンテンでもトレッキング。

080430wombat1.jpg


ここでは野生のウォンバットをたくさん見ることができました。


夕方だし、あまりにまん丸なので、


岩か草の塊にしか見えなくて


見逃してしまうところでした。笑)


う○こもその辺に ごろごろと。笑)





タスマニアはオーストラリア本州にも


住んでいないような固有種、有袋類がいます。


タスマニアンデビルもそのひとつ。


タスマニアンでビルを保護している施設にも行きましたが、


顔に癌ができてしまう病気が蔓延し


まだ治療法が見付からずに、


絶滅に危機に瀕しているとのことでした。。。


人間が入ってくることで色んな病気も持ち込んでしまうのでしょうかね・・・。






クレイドルマウンテンに到着だ!

080430walking8.jpg



時間に気をつけてコースを考え、歩き始めないと、


帰り山頂からピックアップしてくれるバスの

最終に間に合わなくなるところでした。。。


(歩いて帰るには時間も足りなかったし・・・)



山頂には誰もいませんからね、


そういうのも含め、


海外では全て自己管理で。



このページのトップへ