FC2ブログ

懐かしい景色@夏休み

我が家の家族の夏休みは7月後半、


車で実家に帰ってきました。


山口の実家までは900Km以上


11741121_1182823711743612_5766777532390861860_o_1.jpg


大阪通過時の 岡本太郎さんの太陽の像がいつも目印。



そろそろ半分くらいきたかな~?って。



毎回 長旅に愚図らない子供たちに救われている親です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実家に帰ると、海の香りと緑がまぶしく、


空の広さにも感動する私。


_87A9835_1.jpg


昔はこの海を毎日見ていたから


なんとも思わなかったんだよなぁ・・・


写真に撮りたいとも思わなかったかもしれない。




_87A9830_1.jpg


毎日歩いたこの道も。。。。








_87A9828_1.jpg


お盆前ですが、もちろん仏様に手を合わせてきましたよ。


子供の頃、マラソン大会等、大切なことがあると必ずこの和室に来て、


「1位になれますように!」と 神頼み、仏頼みをしていた私。笑)






二間続きの広い和室なので、家族や親戚が集まるとここで食事をしたりしたな。


祖父のお通夜と葬儀ももちろんこの部屋で。


お葬式の前の数日間、この部屋で祖父と一緒すごし、


ひ孫の子供たちも祖父の周りを走っていたな。


夜は同じ部屋に寝たんだった。


色々思い出しながら考えてみると、


日本の和室の多機能性を改めて知り、


それと同時に本来はすべてがこの家の中、日常の生活の中にあったんだな


と気付かされます。



核家族化し、都会に個々の家族がすんでいる。


仏様も身近にないし、お葬式は斎場で。


色んなことが別れていて、分業していて、なにか日常から離れている現代です。


でも何かが足りない現代。


足りないものを求めているような気もします。



と、長々と書いてしまいました。


_87A9844_1.jpg


今回は風景写真ばかりです。

これはセルフィー(自撮り)ですけど。



懐かしい景色を眺めながら、夏休みを少し振り返る夜です。


夏休みもあと少しだな~。





スポンサーサイト



子連れキャンピングカー旅行 タスマニア編 その1

オーストラリアから帰国してもうすぐ6年前になります。


あちらに住んでいた頃に


オーストラリア国内は今しか回れない!と、


長期休みの度に、


国内旅行をアレンジしていた時期がありました。


080427victoriadock3.jpg
【タスマニアの州都、ホバートの漁港】


旅のアレンジ、航空券やホテル、旅先の計画は全て私。


そう、わたしは 家族でお出かけプランナー なのです。笑)




旅は調べて計画しているときが


実は一番楽しかったりしますよね。


多分、旅をアレンジした私が


一番満喫できていると思います。


間違いないww

DSC_1408.jpg

【こんな感じで旅行アレンジのノートまであったりして。。。】



色々行ったのですが、


一番心に残っているのが


タスマニア1周キャンピングカーの旅。






タスマニアは北海道とほぼ同じ緯度なので、


冬の時期は寒くてキャンプなんて無理!


しかも1歳4ヶ月の娘もいるし。。。



島は山が多く島内を1周するにもレンタカーが必要、


調べていくうちにこれだ!!とピンときたのが


「キャンピングカー」でした。



20代前半、ニュージーランド全土を5週間かけて旅した時に


キャンピングカーに乗っている優雅な?おじいちゃんおばあちゃんをみて、



いつかやってみたいな!と思っていたので、


親子でお出かけプランナーの私はもうワクワク!!




調べていると、冬ということでキャンピングカーが


トップシーズンの半額!


ということも分かり、


チャーンス!!




でも日本とは旅のスケールが違うので


最低レンタル期間は最低6日間です。。。


1泊や2泊では貸してくれません。笑)


我が家は最低ラインでレンタルをしました。



確かベビーシートが装着できる車種が6~8人乗りしかなかったので、


3人にしては大きなキャンピングカーだったかな。



もちろん車内に流しとコンロ、


トイレとシャワーもついています。




お値段は5泊6日でAU$735 -☆


ホテル代とレンタカー代を合わせた代金を考えたら


まぁ、、、お得でしょうかね。(といっても贅沢な旅ですけどね)



西のパースからアデレード経由で州都のホバート入り。


ホバートには2泊し、


キャンピングカーをピックアップ、


080426hobart1.jpg
【初日の朝、ホテルからの眺め。 のんびりした州都。】




車のチェックを終えてスーパーで食料等を買出し、


冷蔵庫を満たしてからスタートです。


よっしゃ!出発だ~~!!とエンジンをかけたら、



いきなり車のトラブル・・・。


まだホバートを出ていないんですけど~~~涙)


まだスーパーの駐車場ですけど~~~


いきなりですかーーー!?




ま、こういうことは海外ではありがち・・・


なので特別驚きもせず、笑)



すぐにレンタカー会社に連絡し、


整備に来てもらいました。


ただ夕方5時を過ぎてなくてよかった。


過ぎていたらスタッフは家に帰ってるはず。。。

間違いないww







スーパーの駐車場で1時間くらいが経過し、



・・・直ったのかとても怪しいけれど、


まぁOKが出たのでとりあえず出発だーー!!



大自然豊かなタスマニア、


水も空気もきれいなタスマニア。


タスマニアを満喫すべく家族3人の旅が始まりました。


080502family2.jpg


・・・続く (そんなには長くないけど。)





親子でお出かけプラン

家族お出かけプランナー ことMikaです。

あれ?肩書き変わった。笑)


夫が帰ってくるだろう春休みに向け、

そろそろ家族で出かけるプランを練らなければいけない時期がきています。

実は少々焦り気味。


家族で過ごせる時間、夫と娘たちが過ごす時間が少ない為

一緒に過ごす時間はめいっぱい楽しませたいという思いが強くて

色々とプランを考えるんです。





実は結婚してから、旅行アレンジやキャンプ先を決めるのは全て私。

ま、嫌いじゃないんですけどね。
(夫も旅好きなので好きなのですが、アレンジしている時間がないという・・・)

オーストラリアでも色んな形で旅をしました。

大陸横断鉄道に乗り、妊娠中にも関わらずダーウィンでキャンプしたり

オフシーズンを狙ってキャンピングカーでタスマニアを一周したり。
(北海道程度の大きさなので1週間で1周できます)

自宅近くの湖に1週間以上テントを張り続け、毎日そこで過ごしたり。


当時は子供も小さかったので、自分たち夫婦が楽しむのが目的、

夫婦の自己満足に娘をつき合わせていた感じですね。笑)




最近は「子供たちにどんな経験がさせられるかな? 何を見せられるかな?

思い出に残るかな?」
そこを一番に考えます。


去年の秋のキャンプでは、2泊3日と我が家のキャンプとしては短い日程だった為、
ロッジに泊まりました。


その代わり?テーマがありました。

「生クリームからのバター作り→バターを使った料理」

「火起こし」

これらは火起こしの様子。

987A0029_1.jpg



987A0009_1.jpg


987A0174_1.jpg

この為に夫は事前に下準備をしていたのですが、

それでもものすごーーーーく時間がかかり、

途中子供は飽きてしまい、、、

夕食のシチューが出来たときはもう真っ暗でした。笑)

987A0196_1.jpg


この日作ったバターを使った贅沢シチュー。

かぼちゃを入れたので、まっ黄色。





火を起こすのは難しい、スイッチ一つで火がつくことはありがたいことだと

子供たちにも分かってもらえたようです。




さてさて、春のプランはどうしようかな~~~。

母の腕?力の見せどころです!






このページのトップへ